出会い アプリ 危険性

出会いアプリは危険性を十分認識してから活用しよう

スマートフォンの普及により、従来の出会い系サイトから出会い系アプリにニーズが移行して来ました。魅力は、GPS検索の位置情報で近所に住んでいるユーザーとかんたんにマッチングできると言えるでしょう。しかし出会い系アプリには危険もあります。縁もゆかりもない知らない人と出会うわけですので、トラブルになりかねません。詐欺や恐喝などの被害に遭わないようにしましょう。

出会い系アプリはなぜ危険なのか

出会い系アプリはそれまで面識のないユーザー同士が出会う機会を提供します。ネット世界特有の匿名性に加え、本当に相手が実在するのかはもちろんのこと性別・年齢など様々な点が分からない人同士をマッチングが出会い系の特徴です。そのため危険性は間違いなく存在します。大手のアプリ運営会社は有料にしている分、身分確認や年齢確認を徹底しているのでリスクは比較的低いのですが、無料で運営しているところは、身分確認がルーズです。どちらの場合でもサクラや業者が存在する場合があります。サクラや業者に引っかかると大切なお金を失ったり、犯罪に巻き込まれたりする場合があるので注意しましょう。

サクラや業者は何をしているのか

出会い系アプリでは様々なサービスに課金されます。例えば出会った相手にメッセージを送る、画像を添付する、音声を聞くなどです。サクラは、実際に会う気がないのに業者に依頼されて登録し出会いを求める人に思わせぶりなメッセージを送ります。話を引き延ばしてどんどん課金されるサービスを使わせます。もちろん出会えることはありません。サクラはお金ばかりかかった上全く会えません。業者はつまるところ売春のあっせんをしています。もちろん違法なので犯罪に巻き込まれる恐れが高いです。ネットの匿名性を悪用してサクラや業者が跳梁している出会い系アプリについての危険性は高いと言えるでしょう。

恐喝や詐欺などの犯罪に巻き込まれるおそれもあります

記事のイメージ画像

セクストーションと呼ばれる恐喝の手口を紹介します。セクストーションはアメリカなどで流行った犯罪ですが出会い系アプリの普及により日本でも見られるようになりました。アプリで出会った異性からエッチな雰囲気のメッセージが送られて来ることがあります。いわゆるアダルト系の会話です。何回かやりとりしているうちに互いの裸の写真を交換しようと話が進んで来て実際に相手が送信して来ます。相手を信用して自分の裸の写真や動画を送ったが最後、これを自分の関係者にばらまくと脅されるわけです。いつの間にか知らないうちに自分の家族や友人のアドレスが相手にわたっていてそこに送りつけられるというわけですばらまかれたくなかったらお金を払えと要求されるのですから恐喝罪にあたります。一度相手にわたった写真を取り戻すのは困難です。

まとめ

知らない相手と会うには危険性が高いです。相手方が17歳以下の児童の場合はそれだけで児童福祉法や青少年健全育成条例などの違反になる可能性あります。詐欺や恐喝に遭う場合やサクラに引っかかってお金を使わされる場合もあります。比較的安全に相手を探したいのならば、サクラや業者の少ない大手が運営するアプリを使う方がよいでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

女性は無課金で出会いアプリを利用できる
サクラがいない出会い系アプリを利用するのが基本
出会い系アプリを利用して結婚することも可能
安心して利用できる出会い系アプリを探そう
チャットが楽しめる出会い系アプリを探しているなら
出会い系アプリをうまく活用するなら写真が大事
出会い系アプリはメッセージのやりとりが鍵を握る
定額の出会い系アプリなら安心して利用できる
出会い系のアプリを活用する時はトークがキモ
アプリを使った出会いは信用できるのか
自分の趣味と同じ異性を探すためには出会いアプリを利用
出会い系アプリを利用する時に注意する事
出会い系のアプリを利用するときは使い方に注目しよう
様々な出会系サイトがありその登録に関して
信頼できる出会いアプリはしっかり審査を行っている
初めて出会いアプリを利用する方は大手を利用する
高評価の出会い系アプリを利用することが大事
出会いアプリを使うと迷惑メールが来るのではと心配している方へ
出会い系のアプリを利用するなら利用者数に注目
出会いがないと嘆く人におすすめのアプリ使いこなしのコツ
出会い系アプリの仕組みを理解して利用してみよう
出会い系アプリでアバターを作る時は
出会いアプリを使って友達作りを行う
出会い系アプリで飲み仲間を探すために